【人気の考察】
ゾロの片目隠された真実とは!?
⇒〇〇が原因だったのか!

  ワンピース最終回
⇒1分でわかる衝撃的パータンとは?

  大将緑牛の正体は?
⇒意外な人物の可能性が浮上して来たぞ!

ジャンプ最新話のネタバレはコチラ
【最新話】ワンピース ネタバレ

================


【ワンピース】ドフラミンゴはいつ天竜人のしゃべり方をやめたのか?

 

【ワンピース】マリージョアを出てすぐの幼いドフィー

天竜人の少し変わったしゃべり方が妙に気になる、京都生まれ京都育ちの私であります。天竜人が語尾に「~え。」とつけてしゃべるのが、京都のおばちゃんたちと同じなので、妙に気になるのです。

 

 

あの独特なしゃべり方は京都弁とは全然違います。でも、語尾の「~え。」だけは共通していて、それが何とも絶妙に耳に残ってしまうのです。

 

 

このしゃべり方、マリージョアを出てすぐの幼いドフィーもしていました。鼻っ柱が強いお坊ちゃまみたいな感じの性格で、考え方も所謂天竜人の考え方そのもののような少年でした。

 

 

命が危機に晒されても、命乞いをするでもなく復讐を宣言して相手を脅す度胸は、幼いなりにドフィーがいろいろ苦労してきた証なのかもしれません。

 

 

マリージョアでの余裕綽々とした天竜人の暮らしから一変、毎日集団リンチに怯える日々を送る羽目になった訳ですから、深い深い心の傷を負ったことでしょう。

 

 

父親の独断でマリージョアを出て、その後は逆恨みで毎日集団リンチに怯える暮らしが、きっとドフィーの心の闇を大きくしたに違いありません。

 

 

ドフィーの性格が問題を大きくしたという部分ももちろんあるとは思いますが、事の始まりは、ドフィーにはどうすることもできない事ばかりなので、そういうやり場のない怒りがドフィーの性格形成にもきっと影響したんだと思います。

 

 

【ワンピース】ドフラミンゴファミリー結成までの苦労

ドフラミンゴファミリーができていた頃には、ドフラミンゴはもう普通のしゃべり方になっています。

 

 

幼いドフィーが、あれだけ自分は天竜人であることに拘っていたのを考慮すると、あのドフィーが天竜人のしゃべり方をやめるに至るには、本当に物凄く辛い事が山のように積み重なったんだと思います。

 

 

そもそも、しゃべり方を変えるというのはそう簡単にできるものではありません。ましてや、そのしゃべり方が自分のアイデンティティーの一部になり得るようなものなら、猶更大変です。

 

 

それをせざるを得ないような凄まじい苦労の末、ドフラミンゴはやっとドフラミンゴファミリーを結成する事ができたのでしょう。

 

ドフィーがしゃべり方を変えるに至った具体的なきっかけとか時期とかも、興味があるような、きっと可哀想過ぎて見てられないでしょうから知るのが怖いような、複雑な気持ちです。

 

 

そのドフィーがわざわざファミリーと呼ぶくらい、大切な仲間に出会ったのだとしたらそれは、かなり心の支えとなったことでしょう。

 

 

ルフィにドレスローザをめちゃめちゃにされて、最後には幹部をなじるような場面もありましたが、ドフラミンゴファミリーを大切に想う気持ちは、決して全く無かったわけではないと思います。

 

 

それがまた、ドフラミンゴファミリー結成まで本当に苦労したんだろうなと、想像させるのでしょう。どこで誰としゃべってもコテコテの関西弁しかしゃべれない私にとっては、想像を絶する苦労であることは確かです。

 

 

【ワンピース】ドフラミンゴはいつ天竜人のしゃべり方をやめたについてでした。






ゾロの片目隠された真実とは!?
⇒〇〇が原因だったのか!

  ワンピース最終回
⇒1分でわかる衝撃的パータンとは?

  ジャンプ最新話のネタバレはこちら
【最新話】ワンピース ネタバレ

================